Entries

スポンサーサイト

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと見てみる?
人気ブログランキング 人気blog 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nandaro356.blog98.fc2.com/tb.php/868-7fa5c30b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

検診受けずに出産するリスクは重い

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

妊娠してから出産までの不安定な時期を病院に一切かかることなく
過ごすという度胸はある意味尊敬に値するのかな~
でも、自身の為だけじゃなく子供のためにも検診は受けなくちゃ。
妊婦検診って保険が効かないって言うところはどうにかしてもらいたいんだけど。


もっと見てみる?
人気ブログランキング 人気blog 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【特報 追う】後絶たない「飛び込み出産」 経済苦、危険認識の甘さ原因

12月6日7時51分配信 産経新聞

 妊娠検査を受けずに出産間際になって病院に救急搬送される「飛び込み出産」が、宮城県内でも後を絶たない。奈良県では妊婦の受け入れが難航して死産した。受け入れを拒否した病院間での“たらい回し”が問題になったが、飛び込み出産は子供の死亡率が高く訴訟のリスクも高いほか、出産費用を踏み倒す例も多く、病院にとっても大きな負担になる。問題の背景には、母親のモラル低下も見え隠れする。(今泉有美子)

 「妊娠しているみたいだ。30週目を過ぎたぐらいだと思うが、出血が止まらない」

 9月上旬の日曜日、仙台市立病院に母親本人から電話があった。一度も妊娠検査を受けておらず、すでに6病院に受け入れを断られていた。同病院が診察したところ、母子ともに非常に危険な「胎盤早期剥離」の状態だった。

 同病院の施設に空きがなかったため、施設が充実している県立こども病院(仙台市青葉区)に母親を転送。帝王切開手術で母子ともに一命を取り留めたが、「非常に危ない状態だった。受け入れる病院が見つからなければ、どうなっていたか分からない」と、仙台市立病院産婦人科の渡辺孝紀部長は振り返る。

 飛び込み出産は、母子だけではなく病院にとってもリスクが高い。渡辺部長によると、何週目か分からない胎児は出産後の扱いが予測できず、危険な状態になっても対処しづらい。死亡率も高まる。また、妊婦なら必ず受ける感染症の検査も受けていないため、「胎児への感染も心配だが、無防備で立ち会うわれわれにとっても危険が高い」(渡辺部長)という。

                   ◇

 仙台赤十字病院産婦人科の谷川原真吾部長が、県内の中核10病院に対してアンケート調査を行ったところ、飛び込み出産の件数はここ数年であまり変化はなかったものの、出産費用を踏み倒す例や、胎児が低体重で出てきてしまう早産の例が増加していることが分かった。

 平成16年は39件中3件だった早産は、19年10月末現在では4倍の12件となった。新生児異常で生まれた例も、16年は7件だったのに対し、19年10月末現在では15件にまで増えたという。出産費の踏み倒しも、16年は約25%の9件だが、18年は20件となり半数以上を占めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000018-san-l04より引用

オススメ
やっぱりディオールが好き
日本酒は体にいい!
エルメスのバッグが欲しい
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nandaro356.blog98.fc2.com/tb.php/868-7fa5c30b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。