FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと見てみる?
人気ブログランキング 人気blog 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nandaro356.blog98.fc2.com/tb.php/883-3eb623df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

恐羅漢は恐ろしい・・・?

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

よかったねえ~
二日間も雪山で遭難していた七人が全員無事だったって。
家族の人たちの心配は想像以上のものだったと思うよ。
そりゃ、最悪の事態も想像しただろうし、
夜も寝られなかったんじゃないかな?
なにより、雪山の中で生き延びたこの七人がすごい!
でも、広島県も意外に北の方は雪深い地域があるんだって、
それもびっくりしたけど。


もっと見てみる?
人気ブログランキング 人気blog 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


<遭難>スノボで不明の7人 全員生存で発見 広島

救出された行方不明者=島根県益田町で2008年2月5日午前10時35分、本社ヘリから小関勉撮影
 広島県安芸太田町横川(よこごう)の国設恐羅漢(おそらかん)スキー場で3日、スノーボード仲間の男性7人が行方不明になった事故で、県警山県(やまがた)署などの捜索本部は5日午前8時、約600人態勢で捜索を再開。同9時半ごろ、島根県益田市匹見町からスキー場がある恐羅漢山(1346メートル)方面に登る島根県側の「広見林道」で全員を発見、生存を確認した。7人と連絡が取れなくなってから約42時間ぶり。7人ともヘリコプターで広島市内の3病院に搬送されたが、いずれも軽症で命に別条はないという。

 救助された広島市西区、杉山顕彦さん(36)らによると、7人はこの間一緒に行動し、使われていない山小屋の中で火をおこして暖をとったり、栄養補助食品やアメなどを分け合ってしのいだ、という。遭難原因については「雪不足でいつも降りない方向に降りてしまった」と語った。

 捜索本部によると、捜索隊から「生存」の一報が入ったのは午前9時35分ごろ。スノーボードで滑って下山してきた2人と出会い、「後ろに5人います」と聞いた。捜索隊は更に約100メートル林道を進み、スノーボードや徒歩で下りてくる5人を見つけ収容した。

 7人を発見したのは捜索隊の24人で、過去に山中で道を見失った人が島根県側に迷い込んだケースがあったことから、地元消防の提案で島根県側から林道を登って行く途中だった。

 7人のうち2人はスキー場の冬季臨時従業員、5人が常連客で、いずれも顔見知りのスノボ仲間。日帰り予定だったため服装は2人がパーカ、5人がスキーウエアという軽装だったが、常連客は携帯コンロや一時避難できる装備、食糧を携帯しているとみられていた。

 7人は3日午後1時過ぎごろまでにスキー場がある恐羅漢山の山頂付近までリフトで登った。午後3時半ごろには1人が妻からの携帯電話に「コース外(新雪)のところをスノーボードで下りようと思ったが、思ったより雪が少ないので尾根を歩いている」と答えたが、これを最後につながらなくなっていた。

 「無事」の連絡を聞いた広島市東区の会社員、中村信之さん(30)の母達子さんは「皆さんのおかげ。うれしい。24時間(無事を)祈っていました」と感極まって話した。

 広島地方気象台などによると、現場付近は3日午後から冬型の気圧配置となり、4日にかけて断続的に雪が降り続くなど荒れ模様だった。

 恐羅漢山は広島・島根県境にある、両県の最高峰。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080205-00000013-mai-sociより引用
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nandaro356.blog98.fc2.com/tb.php/883-3eb623df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。